なんていうか雑記

心境、近況、ライブ情報、歌詞など。雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

みがく

僕は歯磨きが下手で、歯ブラシがすぐぼろぼろになってしまう。

そんな僕は、きっと靴磨きも玉磨きも苦手なんだろう。

そんなやつは、切磋琢磨も出来ないのかもしれないと思ったら、

少し歯ブラシに優しくなりました。


言葉遊びでなんでも繋げて考えちゃうんだけど、
変な言い回しで繋いでも、あながち間違った話にならないのが言葉のおもしろいところだ。


そんなの要は捉え方次第ってことなんだろ、へんっ。
スポンサーサイト
  1. 2010/02/24(水) 04:39:19|
  2. 未分類
  3. | コメント:3

午前七時の独り言

CD、気が散りまくりながらも、僕の分がもうすぐやっと焼き終わる。


例えば、僕が身近な誰かのとても大切な人だったとして。
その身近な人が神様かなんかに、僕と誰かを引き合いに出して、
「最も大切な人はどっちだ。選んだほうだけ生かしてやろう。」という
意味もない糞理不尽なことを突きつけられたとして、
僕を選んだんだよ、もう一人は死んだんだよ、って言われたとしても、
僕はその人に死んだやつの価値ほどに尊いことをしてあげることが出来ない。
もちろん誰だってそうなんだけど、そんなん殺したやつがいけないに決まってるんだけど。
例えが悪かったんだけど。
二者択一を迫られたときに、捨てた方の価値は選んだ方には宿らない。
選んだほうには、いつも以上の愛情や熱意を感じるけど、それは実のところ空虚なものだ。
生け贄を使って祈る方法もそうだ。思い込みだ。馬鹿げてる。
大人になっていくにつれて、二者択一のシーンが増えていく。
捨てていく。
減っていく。
大切なものが、減っていっている。
減らすほど、馬鹿な人間は、
自分がより崇高になっていくっていう、糞勘違いを起こしている。
自己陶酔だ。
そんなやつは、二者択一によって、捨てられてしまえばいい。
(もっと言えば、よりにもよってそいつらはいざ捨てられたときに、
俺を捨てやがった、なんて糞野郎だ、なんてわめく。気づけ。)
しかし、全てを捨てずに、全部抱えたまま、
生きていくことなんて出来ないのも事実。
ならば、せめて、捨てたもの(本当は置いてきたものと呼びたい)の重みだけは、
誤らず、忘れずにおきたい。
やむを得ないこともあるだろう、捨てたことを責めたりはしない、
だけど、せめて、(二者択一を成したことについての)誇り高ぶったような顔は、
しないでほしい。しないでいたい。




途中だけど、こんな話は決まって堂々巡りだから、やめる。
なんでやめるかって、たった今CDが焼き終わったからさ。
だから僕は、考えることよりも、次に進むことを択一する。





ってね。

ちゃんと忘れないよ。

おやすみ。
  1. 2010/02/23(火) 07:38:37|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

seens

Myspaceに、未公開曲を1曲アップしました。
そんで、先日のライブ動画から1曲分アップしました。
去年の音源のままだったから。
今の昼行灯はこんな感じです。見てね。

http://www.myspace.com/hiruandon


ホームページに歌詞もアップしました。見てね!

http://hiruandon.3.tool.ms/



結構ギリギリのまま作業は進んでいますが、なんとか間に合わせます。
CDも今できる最高の出来です。すごく音がいい。
Handwired Garageの今泉さん、大活躍。
迷惑かけまくりDaysでした。ごめんなさい、ありがとうございました。

なんとそんなものを、5曲入り500円で販売します。すごい安い!よね!



さて。

■2/26(金) 渋谷屋根裏
昼行灯 レコ発企画
「夜も消えない」

w / The Fuzz Picks / きのこ帝国 / opening act 一匹(from 三匹)

open 18:30 / start 19:00
*(昼行灯は21:20~22:00からの出演です。)

adv / door:¥2,000 / ¥2,300 [D別 ¥600]


以前連絡をいただいた方にはこちらから連絡をしていますが、
お越しくださる方は、コメントや、連絡をください。
本当に良いものを見せましょう。お待ちしてます。




最近あったかいですね。
冬の刺すような寒さも好きになってきた身ではあるけど、
そうは言っても、やはり暖かい方が僕は好きだなぁ。

最近聴いている音楽を久々に書く機会があったので、
こちらにも載せることにします。


アーティスト/アルバム

Belle & Sebastian / The Life Pursuit

Grandaddy / Sumday

Iron & Wine / Our Endless Numbered Days

Miles Davis / Kind of Blue

One Day Diary / telepathy

Pink Floyd / The Piper at the Gates of Dawn

Sigur Ros / ( )

Stereolab / Cobra and Phases Group Play Voltage in the Milky Night

Swan Dive / Wintergreen

Weather Report / Black Market


などです。Grandaddyはたった今久々に聴いていますが、ギターの音が本当に良いし、
なにより曲がいいな。たまに意外な楽器が入ってたりして、その遊び心もいい。

これから、例のCDを焼きまくります。がんばるぞーー。



昼間に100%形式フェイスの牛乳屋さんからサンプルが配られて、
それを夕方あたりから一本ずつ飲んでいます。
客観を想像するに、それは、
腑抜けた顔で、一本、また一本と、
パソコンの画面を見ながら、じっくり飲み干す様であり、
それはまるでなにかの中毒患者みたいなものなんじゃないかなんて、そんなくだらないことを。
正直、僕のような生活は、常識人には堪えられないものなんじゃないかと、思っている。
それは、上とか下とか階級的な話じゃなくて、感覚的な話。

だからといって、別にその先の話はないんだけど。
ね。


みんなの支えになるような、日常の隙間を埋めるような、そんな音楽でありたい。
  1. 2010/02/23(火) 01:15:57|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

生きてりゃよ。

衝動に任せた道程は、今日の夕方家に着地しました。

9日は終電で、シブヤネブッキングの関谷さんの家に。
急なお願いを受けてくれて、泊めてくれました。沢山いろんな話をし、明け方就寝。
10日午前、下北に到着し、ダイソーグッズでマックに陣取り、看板を作りました。結構時間かかって、なんだかんだで15時半くらいに始めましたが、平日昼間は多分みんな行く場所があってか、さりげなく聴いてはくれるんですが、なかなか話しかけてはくれず。でも、みちゆく人からチロルチョコを2個、もらえました。

雨が降り始めてからは看板があるので止めて、夜にゆかりのお客さんと待ち合わせするまでライブハウス巡り。ライブハウスが思ったよりあって、フライヤーは結局通行人には直接渡せないまま、全てなくなっちゃって。

でもあんまりだから、21時頃からまた南口すぐ横のガード下で歌いました。そこには行商の姉さんが居ました。
姉さんの言うに、警察がすぐくるらしく、言う通り30分くらいで警察が来て、中止になっちゃいました。なんでもチクリ魔婆さんがいるらしいんだな。

夜の方がお客さんの反応が良かったけど、雨なんでやっぱり状況はあまり良くなかったかな。
晴れてたら移動したんですけど、断念。お客さんと姉さんでお話をしてました。

姉さんは野良という名前でした。意気投合して、いろんなお話をして。実は彼女も歌を歌う人で、「ハーミットレイジ」というバンドをやっています。近いうちに一緒にやれたらいいなぁ。
野良さんはエスニック風味を取り入れたピアスを作ってる人です。ビーズを一つ一つ選んで重ねて、一つ一つ大事に作られたものが、お店には並んでいます。綺麗なものが沢山ありました。
その後、結局商人にも警察がひっかかり(3回くらいねばってましたが笑)、終電の時間頃にお別れしました。

(この辺りが字数の関係で300字くらい軽くぶっとんでしまった…諦めたいが大事な出来事なので諦めきれずかれこれ1時間以上経つ、最悪だ)

フライヤーもないし、11日夜はギター大学と夜の夢の企画に行く予定だったから、帰るのが得策だったけど、まだ帰りたくなくて。
悩んで、高円寺にいこうと決心する直前に、西船橋の百瀬あざみ達から連絡がありました。
そっちに行くことにして、朝まで。お世話になりました。とてもよい時間だった。
11日午後、そのまま企画を見に行き、その後深夜今泉さんのスタジオへ。昼行灯音源の制作。

[生きてりゃよ。]の続きを読む
  1. 2010/02/13(土) 03:10:22|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

終電で迎えに行くよ

終電で迎えに行くよ
学校でヘマをした君を
終電で迎えに行くよ
恋人と喧嘩をした君を
終電で迎えに行くよ
家族と上手く行かない君を
終電で迎えに行くよ
滑走路をまたごうとした君を

みんながみんなを淋しがる
今にも泣き出しそうなはずなのに
みんながみんなを疑って
大きな溝が広がった

傷つけたこともあるだろう
傷つけられたこともあるだろう
だけどそれを恐れた僕らが得たものは
なんだったんだろう

殺したければ殺すがいい
生きたければ生きればいい
だけど死にたくなった時には
なににすがればいい

寂しいのなら抱けばいい
寂しいのなら泣けばいい
寂しいのなら叫べばいい
寂しいのなら隠すなよ
きっとそれならきっと僕らが
見つけて温めるんだろう
だけどそれが出来るのはそう
君が温かいからさ

終電で迎えに行くよ
学校でヘマをした君を
終電で迎えに行くよ
恋人と喧嘩をした君を
終電で迎えに行くよ
家族と上手く行かない君を
終電で迎えに行くよ
滑走路をまたごうとした君を


  1. 2010/02/10(水) 11:29:35|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

昼行灯

今日、やり場のない不安と寂しさを感じました。
少し悶えた末、今日明日明後日あたりにかけて、
諸地に歌いに出掛けようと思います。
自慢のフライヤーを100枚持ちました。全部配りきって、帰って来ます。
寂しさを隠すな、昼行灯が、僕と君達を照らし囲み温める光となろう。
しかしそれには君達の体温が必要になる。
だからどうか、身近な人を大切にしてあげてください。

それじゃあ、愛に生くよ。

  1. 2010/02/09(火) 23:27:36|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

レコーディング終わり、

20100207 rec後







昼行灯。
5日から今日まで、レコーディングでした。
思ったよりは全然やりやすく、けどそれでもやはり大変な3日間でした。
でも、とっても良い作品になりそうです。
いろいろあって、楽しかったしな。
レコーディング音源ならではのアイデアも取り入れて、
CDそのものとしての楽しみもあります。
内容の詳細についてはまたお話します。
とにかく、完成が楽しみ。

そのCDの発売記念、通称レコ発といいますが、その企画ライブがあります。

2月26日
渋谷屋根裏
昼行灯レコ発企画
「夜も消えない」。

詳細は、こちらに。
http://hiruandon.3.tool.ms/

是非、お越しください。


そしてそんなさ中、明日は新境地新宿Motionでライブをします。

■2/8(月) 新宿motion
" 光の音 "

w / BATHTUBSHOW / モガリ / Plastic farm / creep /

open 18:00 / start 18:30
adv / door:¥2,000/¥2,300 [D別 ¥500]

昼行灯の出演は、トリの21:10~になります。
新曲を披露します。新しい一面かな。
チケット予約などの場合は、連絡をください。待ってます。
もちろん疲労はありますが、連日集中していたため、
間違いなく良いライブになるでしょう。頑張ります。




穏やかな気持ちです。
レコーディングしたあの地のこと。
どこかで起きてしまった悲しい出来事のこと。
どこかで起きている嬉しい出来事のこと。
僕の想像の遠いところで起こっている出来事のこと。
身近な、出来事のこと。
そういう、人生を変えるような出来事が、
世界中で起こっていて、
そんな中で暮らしているという。

こんな風に考えると、
当然めまぐるしく思えてくる日々ですが、
愛おしい。なぜだかそんな日々が。

それは僕の勘違いかもしれないけど、
それなら、勘違いじゃないかもしれないのだな、と思っても、いいんだよね。


明日まで、一息つこうかい。
みなさんも、毎日お疲れ様です。



  1. 2010/02/08(月) 00:53:54|
  2. 未分類
  3. | コメント:3

冬晴れファミリー

これからレコーディングです。

詰め込みですが、良いものに仕上げるよう、尽力しましょう、そうしましょう。

僕らには空があるのだ。
嗚呼気持ちいい。


お楽しみにしていて下さい。

  1. 2010/02/05(金) 15:01:07|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

First-aid fright plan

綺麗なものを見ると、
どんなことがあろうとも、
ひと時だけだとしても、
美しさが心に写ります。
愛しています。
この先どんなに人が変わり果て、
最悪の人間になろうとも、
今は真っ白、にごりなく、
あなたを、全てを愛しています。

20100202 01:55





昨日は雪が降りましたね、幻みたいに消え去ったけど。

一昨日昨日は二日連続でライブでございました。
どちらも1日を通して素晴らしいアーティストばかりで、
久々に心が潤い、
声が震えたり、
ガラガラにしゃがれたりしながらも、
思いを込めて、遂げさせて頂きました。

歌は、特に僕の歌は独りよがりな僕の頭で構築されたものしかないはずなのですが、
気づくと、あらかじめその人を思って作ったのかってくらい、
パシっとその歌に当て嵌まってしまう人が、いるもんなんです。
最近そんな曲を歌う時には、身近なその人を思い浮かべて、
捧げるようにして歌うんです。
それが、なにかとても良いこと、というか、嬉しくなることで、
そんな歌を見つけることができて、僕は幸せです。

全く同じ人間は一人としていないはずなのに、ある時奇妙にシンクロする瞬間。

それが、強くさせるんだ。
それは涙が出そうなくらい震える、奇跡なんだよ。
奇跡。
  1. 2010/02/02(火) 17:49:46|
  2. 未分類
  3. | コメント:3

プロフィール

宍戸 翼

Author:宍戸 翼
The Cheserasera

宍戸 翼
1989.04.05生まれ
千葉県出身

なんとなくやった中二のアコースティックギター、
それまでで一番満足に出来る物が音楽だったから、
天命を感じるまま、高一でバンド活動を始める。
聴く音楽は、王道を避ける趣向から始まり、
次第に邦楽から洋楽へ。
フォーク、ニューミュージック、
エレクトロニカ、ハードコア、
クラシック、アンビエント、
民俗音楽、ドローンなどを通過し、J-POPへ回帰。
オリジナルバンドは様々なジャンルのバンドを経て、
現在で4つ目となる。

酒と友達と女の人が大好きで、
そのことばかり考えている。

自分だけの歌のはずが、君が泣いてくれて、
それが僕の、生きる価値になった。
母さん僕は社会で生きていけます。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。