なんていうか雑記

心境、近況、ライブ情報、歌詞など。雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

empty,empty,dream

世の中、やった分だけ返ってくるほど、甘くは無い。
というか時々、甘いとか辛いとか無いんじゃないかってほど、冷たい。
勝手に自分だけ熱くなったり冷たくなったりして、
そして周りとのあまりのギャップに、吐きそうになったりする。

毎日の中で、そんな小さな挫折を味わったりして、
だんだん大人になっていく。
でも、その中には、もちろん嬉しくて感動的なこともあったりする。
大恋愛も小恋愛も、沢山した。とっても、いいものだった。
今だって毎日、街往く人に、なんとなく気を引かれたり良くしてる。
遊ぶのだって、楽しい。それはもちろんそう。
 でも、なんか、喉元に引っかかる感じがする。
僕の勝手な思い込みだと思っているけど、
だからといってそれをどうにも取っ払う術なんてなさそう。
色んなことに慣れてきて、昔驚いたようなことも、今じゃあんまり。
「その人はきっと、こういうタイプだね!」なんて別に、言いたくもなかった。
慣れたくなんてないけど、だからといって失敗して恥をかいてしまうのは嫌だ。
毎日何かを見つけては、生まれ変わりたいとか、
生まれ変わってもあなたには会いたいとか、柄にもなくこっそり思ったりしてる。
好きな人は、居る。多分。
愛してる。うそじゃない。
「嘘も信じきれば、本当になるんだよ!」なんて別に、言いたくもなかった。
気づいたら思っていた場所と違うところに居て、一瞬たじろぐ。
でも、最近はもう、大丈夫。

追いかけているものは、ある。
それは、小さい頃見た大きな夢は、バカにしたりしながら、
今でもたまになんだかんだ良い物だと思ったりするし、
自立することへの憧れとか、ずっと欲しかった服を買っただけで、
人生バラ色みたいになれることもある。
 意外と単純に夢は掴めるのかもしれない。
でもだからこそ、なにかモヤのような気持ちになるのかもしれない。
なんだかんだ、想像してた通りよりは、上手くは進んでいないみたい。
別にこの道に文句を言うつもりもないし、満足するつもりもない。
いやでも、満足してるのかな。
正直自分でも、あまりわかってない。

この先どこに行ったらいいかなんて、
誰も教えてくれないのはわかっているし、
聞こうとも思っていないよ。
空っぽ、だけれど、なんとなく夢は感じてる。
でも生涯、諦めるつもりはないよ。多分。

今日は休憩終わったらラストまで。
えっと、あの飲みはいつだったかな。
うまく話せるといいな。
春物のセールは、もう終わっちゃったのかな。
たまにはおしゃれしたいな。今月の給料によるけど。
元気にしてるかな。

僕はまだ、生きている。
歩いている、歩いている、日々のこと。
つたない文字で、書き連ねていく。
やりたくもない仕事はしないなんて威張った日から、
ずいぶん経つのな。



明日の渋谷屋根裏のライブにて、「empty,empty,dream」、リリースします。
みんなの生活の、なんとなく側に居るような、アルバムになれたらいいな。
なんて、後付けですけどね。
今の、僕の気持ちです。

■4月15日(金) 渋谷屋根裏
「empty,empty,dream」レコ発企画

【共演】きのこ帝国 / GLIM SPANKY / クリープハイプ(本日解禁!!)

open 18:00 / start 18:30
adv.¥2,000 / door.¥2,500 (+1Drink ¥600)

The Cheseraseraは21:00~出演予定です。

予約はHPにて。プレイガイドにも飛べます。
http://hiruandon.3.tool.ms/

共演は、クリープハイプ、きのこ帝国、GLIM SPANKY。
みんなとっても、素晴らしい歌ばかりです。
明日は楽しみにしています。
皆さんも、楽しんでください。
では、また明日です。
スポンサーサイト
  1. 2011/04/15(金) 03:05:16|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

プロフィール

宍戸 翼

Author:宍戸 翼
The Cheserasera

宍戸 翼
1989.04.05生まれ
千葉県出身

なんとなくやった中二のアコースティックギター、
それまでで一番満足に出来る物が音楽だったから、
天命を感じるまま、高一でバンド活動を始める。
聴く音楽は、王道を避ける趣向から始まり、
次第に邦楽から洋楽へ。
フォーク、ニューミュージック、
エレクトロニカ、ハードコア、
クラシック、アンビエント、
民俗音楽、ドローンなどを通過し、J-POPへ回帰。
オリジナルバンドは様々なジャンルのバンドを経て、
現在で4つ目となる。

酒と友達と女の人が大好きで、
そのことばかり考えている。

自分だけの歌のはずが、君が泣いてくれて、
それが僕の、生きる価値になった。
母さん僕は社会で生きていけます。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。