なんていうか雑記

心境、近況、ライブ情報、歌詞など。雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

RO69入賞を受けて思った事。

The Cheserasera、RO69、入賞しました。

審査の結果を知った時、まず僕は心の中で少し黙った。
良いことが、望むことが望むままに起こる事に、
とても違和感があったからだ。こんな世の中でよ。
やさぐれ過ぎてる部分は認める。
安心しないためでもある。僕は気分がコロコロ変わるから、
大きな感情はセーブするようにしている。


ウントダウンジャパンに出たい。
これまで以上に全力を発揮できなければ話にならない。
そう思うから、うかつに喜べないんだ。頭固いな。

その瞬間、今までで一番、一度に僕達の名前を沢山呼んでもらえた。
ケセラセラって言葉は昔からある。
どこぞの社会班の人がこの言葉を使って叩かれたり、
登場SEにも使ってるDoris DayのQueseraseraという曲もある、
アニメなどの文化でも、ケセラセラという曲やキャラがいるらしい。
そんな中で、僕達を呼ぶためにケセラセラと発音してくれた人が、沢山居た。
うれしかった。僕達は沢山名前を呼ばれた。

帰り道、僕達が楽器だとしたら、
そうして呼んでくれる人たちは、アンプみたいだと思った。

僕達がどんなに自分の信じた音をエレキギターでかき鳴らしていても、
アンプに繋がっていなければ、音は遠くまで届かない。
それは、例えば僕達が狭いスタジオの中で自己陶酔して悦に浸っていたとしても、
聴いてくれる人がいなければ、誰かが名前をつけて呼んでくれなければ、
それはなにでもない。なににもなれない。って事と同じだ。

名前を呼んでくれる人々が、僕達の名前を、音を、どこか遠くに聞こえさせてくれる。

また、僕達が下手にいきがって、独りよがりに暴れまわれば、
たちまちにギターとアンプを繋ぐシールドは抜けてしまう。たちまちに音は出なくなる。
それは、僕達が怠けたり、お客さんとの意志の疎通を諦めれば、
たちまちにお客さんは僕達の名前なんかどうでもよくなる。何も広がっていかない。って事と同じだ。

音楽なんて、聴いてくれる人がいなかったら、本当に本当に意味がない。
自分のための歌なんてのは大嘘だ、人が声を出すのは、他人を必要としている時だけだ。

ただ、こびたり妥協したりするのとはもちろん違う。
自分達の信念が、必ず届くと信じることと、
聴こうとしてくれる人は、僕達を理解しようとしてくれてる、
だからそのために、僕達はあなたを信じ続けて、
あなたにちゃんと伝わるような言葉を探して探して変換して、
必ず伝わると信じて、なげかける。
そうすることを、絶対に続けていく。答えはここにしかないと信じている。

そういうことを思って、僕達はやっています。

本当に感謝しています。

今夜は全くまとまらないのでもう閉じます。また、書くので、よかったら見てください。

最後の審査は、近日録り収める各組のライブ映像が、
12月上旬にRO69のHPにアップされます。
その動画を見て、気に入ったものに投票する形です。
僕達に出来ることも、あなた達に出来ることも、
信じたい物を信じることただそれだけなんだと思います。
頑張ります。よろしくお願いします。

RO69JACK
スポンサーサイト
  1. 2011/11/22(火) 04:16:38|
  2. 未分類
  3. | コメント:1

思い出効果

地震ももう8ヶ月前か。
まだまだつい最近に感じる。
といえばむしろ、
昔に感じることの方が少ない気がする。
しかしでは物事はいつから古くなるのかと考えれば、
きっと関心がなくなった時なんだろう。
昔に感じる事の方が多くなって来たら、
その時が人生の下り坂、
もしくは感性が鈍っている証拠だろう。

一度興味を失えば、次湧く興味はもう別のものだ。
懐かしむ物か、全く新しい。
もう同じ感覚は戻ってこない。
『「古い女」なんてタイトル、いいんじゃないか。』
いつもそんな退廃的な事ばかり考えてる。

大事にしてるとかしてないとか、そんな風にお前らに語れるような問題じゃないんだ。
お前らはいつもそうだ。
  1. 2011/11/18(金) 03:48:40|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

『変態音楽』詐欺

変態音楽の良いところは、
自己表現に殊更真摯であり、
ごく真面目であり、
それに固執するところだ。
それが、人々の心に脳を介さずダイレクトに届く事があるために、
愛されるものだと僕は思う。

ただ、それはとても難しい事だ。
それを、「音楽」とカテゴリされる物として打ち出すことがだ。
変態音楽は、
「音楽をしようとする変態」でも
「音楽のような奇行」でもない。
「変態な音楽」、
あくまで音楽でなくてはいけないと僕は思う。

やかんを叩いて謎の言葉で泣き叫ぶ行為を、
変態音楽と断固言い張る人がいたとして、
それは、もちろん誰にも否定する事が出来ない。
個人の価値観で判断する事しかできないから。
ただ僕には、音楽には聴こえない。
なにも聞き取りやすい日本語で
メロディックな歌を歌えとは思ってないけど(ちなみに僕はそれ)、
音楽は「聴く」物で、それを作る者は、
「聴かせる」物を作る、そんな概念が
昨今、
もう少し重視されるべきなのではないか?

自己の恥部をさらすだけさらして、
その後の事は一切考えていない。
そんなのは、ただの公然わいせつでしかないだろう。
僕はたまに、そういうものを見るんだ。
  1. 2011/11/18(金) 03:45:22|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

生きている感じがするよ。

公園で曲を作ってたら、少年が来た。

隣りに座って、タバコの話をしながら、
黒のマルボロを綺麗に端っこまで吸った。
ずっとタバコの話をしていた。
13歳だった。
彼の人生にとって今一番ホットなのが、
タバコに関してのことだった。
彼が止めて欲しかったのか、
許して欲しかったのかは、
僕にはわからなかったし、
止めなかった。
僕は僕のタバコに関する考え方を少し話した。

最後に恥ずかしそうになんか歌ってくれますかと言うから、
タバコ繋がりでケモノガレを歌ってあげた。
少年は曲よりも、僕の声の大きさに驚いて、
しきりに周りを気にしていた。
そうなるのを僕は知っていた。笑
でもちゃんと逃げずに最後まで聴いてくれて、
「いい曲ですね」と言って、足早に帰っていった。
しっかりした、良い子だ。
何も心配はいらない。
また会って話がしたいくらいだ。
正直、僕はさみしかったし、彼もさみしかった。
それが共通点だった。
ありがとう!元気でね。
今日初めて巻いたマフラーに、タバコの匂いがすこし残ってるな。
  1. 2011/11/10(木) 20:48:37|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

さばつどしし

いついかなる時も僕は僕の言動を自己の正当化にばかり思える。でもそうする事しかなく感じてしまう事が多い。現に成果が出た場合も多い。でも、正解は他にある気がすごくしている。でも、表面的にはこれが一番だと感じている。

そこから、人に評価されて楽になりたいと強く思うけど、多分そこはゴールじゃない。いつも、次にたどり着く先はゴールじゃないつもりで、満足しないように、暮らしている。そうしないと、理想には追いつけないと思っている。でも、間違いのような気もしている。

高校の時は、音楽を見つけた喜びに狂って、一日中飯も食わずにギターを弾いていた事もあった。今では、変わった事もある。でもそれでも、音楽はいつも僕にとって「嬉しい」ものだ。辞める心配はない。先に死ぬ事もあるかもしれない。でもどうせまた人に頼る。

自分の甘さばかり目に付く。くせに、心の何処かで自分の力の種を強く信じ続けている。多分。たまに人目を省みず行動してしまう時は、その弊害だと思う。でも最近は、あんまり酷い事はしなくなった。か、出来なくなったのかもしれない。何がいいのかは、分かるはずないのに、分からなければならない。
  1. 2011/11/05(土) 05:35:17|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

坂本龍一から。

たった今、坂本龍一のツアー映像のUstreamをみました。

すごい、緊張感が伝わってくる。


一つ、思ったことがあるんだ。
例えばこの映像が、たった今でなく、
昨日のものでも、
はたまた一年前のものであっても、
この画面に表示されるのは全く同じ映像だよ。

だけど、確かに過去のものを見る時には感じない
臨場感というものがあるんだ。
それはつまり、見る人、
僕達の気持ちが、そうさせてるってことだよね。

場所でも、時間でもない。
見る時の気持ちが、全てをつかさどっている。
さっき緊張感が伝わってくると形容したけど、それは正確には違う、
僕自身の見る姿勢が、緊張感を作り出しているんだ。

他にも言えることは、
見る人の心が、輝かしいものを見る気持ちであれば、
それは輝かしく入ってくるだろうし、
それが塵にも糞にもならない物を見る気持ちであれば、
それはそのように入ってくるんだ。


音楽とは、そんなものだね。


音楽は、心に正直だ。
だから、何万人も集まって全員で盛り上がり尽くした夜が、
奇跡と呼ばれるんだ。
例えばそれが、何万人の兵隊が声を掲げた大行進だったら、
それは奇跡とは呼ばれないからね。


好きだ。
嘘は嫌いだから、嫌いなら突き放して欲しいくらいだ。
好きなら、抱きしめて欲しい。
そんな心の在り方が、音楽にはあるんだと感じれた。



今日、
なるべくなるべく真人間であろうとする必要は、
ないんじゃないかと思え始めた。
そしたらすごく楽になったけど、
きっとまた何処かで問題になるんだろうな。
でもそれもたった今日だけの話。

明日か明後日か、またどうせ考えが変わっていくんだ。
僕のことだから。



明日は下北沢GARAGEにて、MIMさんの企画に呼んでいただきました。
The Cheseraseraは20:30からです。
良かったら是非、見に来て下さい。

  1. 2011/11/02(水) 05:31:31|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

プロフィール

宍戸 翼

Author:宍戸 翼
The Cheserasera

宍戸 翼
1989.04.05生まれ
千葉県出身

なんとなくやった中二のアコースティックギター、
それまでで一番満足に出来る物が音楽だったから、
天命を感じるまま、高一でバンド活動を始める。
聴く音楽は、王道を避ける趣向から始まり、
次第に邦楽から洋楽へ。
フォーク、ニューミュージック、
エレクトロニカ、ハードコア、
クラシック、アンビエント、
民俗音楽、ドローンなどを通過し、J-POPへ回帰。
オリジナルバンドは様々なジャンルのバンドを経て、
現在で4つ目となる。

酒と友達と女の人が大好きで、
そのことばかり考えている。

自分だけの歌のはずが、君が泣いてくれて、
それが僕の、生きる価値になった。
母さん僕は社会で生きていけます。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。