FC2ブログ

なんていうか雑記

心境、近況、ライブ情報、歌詞など。雑記です。

understood

正直、恋に盲目にはならなくなりました。

以前は、どんなリスクがあろうと、その相手を求めました。

今は、なにより相手を不幸せにするだろうということと、好きな人が沢山いることで、踏みとどまります。

僕が冷めたのか、盲目になれる相手がいないのか。


そんなことはないよ。素敵な人ばかりだ。

どこでなにが変わってしまったんだろう。



この分際で、選べる選択肢もないのに、充足感を求めて。


なんにせよ僕は、また新たに一つ、壊して、進んでゆくんだろう。
そんな性分と、その未来が、見えるようになってきた時分で、悲しく、虚しい。


物事は必ず流れていくと、身を持って味わうし、よく自分で口にするけど、なんでそんな悲しみを背負って生きて行かなくてはならないんだろう。


なんでそんな悲しみを背負ったまま死んでゆく人が、いなくてはならないんだろう。


僕のこの人生、不十分なことなんかなくて、幸せで、でもその周りを遥か大きく、なにかが取り巻いていて、その色はあまりいい色ではないような気がしている。




人はこのように、自分の理解を超えたところ、ただの妄想に希望をはせ、勝手に絶望する。






人は、いつも夢を見ていた。






僕もあなたも、みているのは、ただ一つの夢なのかもしれない。

スポンサーサイト



  1. 2009/03/09(月) 00:27:12|
  2. 未分類
  3. | コメント:6
<<rotate | ホーム | everseenes>>

コメント

なぜ流れることは悲しいのですか?または悲しいと決めつけるのですか?
  1. 2009/03/09(月) 18:28:05 |
  2. URL |
  3. 名称未設定 #-
  4. [ 編集]

僕はこの不安を、文中でただの妄想だ、としています。ただの思い込み、と。
正直、気持ち、流れていくので、書いた言葉にもあまり責任は持っていないのですが、
答えるなら、今の僕には悲しい、それだけなんです。それが理由で死んだ人も、悲しかったでしょう。それだけなんです。
嬉しい人は嬉しいでしょう、僕だって嬉しいことも、あります。
今の悲しみは、こうやって、通じ合おうとすること、傷つけあわないようにすること、大事に込めた気持ち達が、消えてゆくことに、切なさを覚えるからです。妄想だと、わかっていても。
ただ、弱いだけです。そして、どうせいずれ強くなります。
今、この時の気持ちを、忘れないでいたいです。
いろいろ見苦しくて、ごめんなさい。

コメント、ありがとうございます。
  1. 2009/03/10(火) 03:08:51 |
  2. URL |
  3. 宍戸 #-
  4. [ 編集]

どうせ強くなるという斜にかまえた考えを持つ者は、永久に人生の敗北者であります。あなたの口から出た言葉があなたを生かし、またあなたを殺すのです。私はあなたがあなたの意志で強くなることを望みます。がんばれ宍戸!!負けるな宍戸!!レッツゴー!!
  1. 2009/03/10(火) 03:55:38 |
  2. URL |
  3. 名称未設定 #-
  4. [ 編集]

名前のない方
まず、高校時代に設定した、名前のない人用のニックネーム、ふざけたものでごめんなさい。じきに変えます。

どうせ強くなるという表現は、いささか客観的で投げやりに聞こえてしまいましたが、これは、僕自身で自分が弱いままであることを良しとしてないので、いつか直したいという気持ちと、そこからの一定の流れに乗っているということを言っています。
繰り返すこと。それこそ美しいとも言え、虚しいともいえます。
人は沈んだり、浮かれたりします。
また、やり直して、立て直そうと、ただ無心に、思っています。
わずかな抵抗心を持ち続けて。


ゆりさん
僕があなたを励ましていたのではなく、実は僕がいつも常に、あなたに励まされていました。
あなたのその優しくて透明な心こそ、今、全てに必要なものです。
どうか、お体には気をつけて、その愛を、大切にしてください。


コメント、ありがとうございます。
  1. 2009/03/10(火) 23:28:54 |
  2. URL |
  3. 宍戸 #-
  4. [ 編集]

ゆりさん、謝ってコメントを消してしまいましたので、またここに載せます。失礼しました。





今の宍戸さんの悲しみが早く流れてしまいますように


宍戸さんを取り巻いている色は決して良くない色ではないように思います…

外は暖かくて…
今日、モクレンが白い蕾をたくさんつけているのを見つけました

私に関係なく、花も生き物も生を歐歌しているようです
見習わなくちゃいけませんね
ただひたすら咲くことを目指しますね




二ノ宮 ゆり  「小さな真実」
  1. 2009/03/11(水) 00:30:56 |
  2. URL |
  3. 宍戸 #h9AlJDwY
  4. [ 編集]

モクレンの蕾は羽をおさめた鳥みたいでした


 お気遣い
ありがとうございます
私が宍戸さんを励ます事があったとしたら、本当に嬉しい事です


その声で、宍戸さんの言葉を歌にしてくださる事が、
私をどんなにか励ましてくれている事か…


どうか、音楽の中にいてください

きっと今よりもずっとたくさんの人が、宍戸さんの声を歌を音を聴いて私と同じ想いをするのだと思います


とても繊細で素直な方だと思いますので、傷つく事も多いと思いますが…
どうぞ今まで通り、心の声を聞いていてください

本当にありがとうございます。

  1. 2009/03/11(水) 22:06:47 |
  2. URL |
  3. 二ノ宮ゆり #NetAmKeg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

宍戸 翼

Author:宍戸 翼
The Cheserasera

宍戸 翼
1989.04.05生まれ
千葉県出身

なんとなくやった中二のアコースティックギター、
それまでで一番満足に出来る物が音楽だったから、
天命を感じるまま、高一でバンド活動を始める。
聴く音楽は、王道を避ける趣向から始まり、
次第に邦楽から洋楽へ。
フォーク、ニューミュージック、
エレクトロニカ、ハードコア、
クラシック、アンビエント、
民俗音楽、ドローンなどを通過し、J-POPへ回帰。
オリジナルバンドは様々なジャンルのバンドを経て、
現在で4つ目となる。

酒と友達と女の人が大好きで、
そのことばかり考えている。

自分だけの歌のはずが、君が泣いてくれて、
それが僕の、生きる価値になった。
母さん僕は社会で生きていけます。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する