FC2ブログ

なんていうか雑記

心境、近況、ライブ情報、歌詞など。雑記です。

テーブルには花を添えて(華ではない)

昨日、帰りの駅のホームに、
やたら綺麗な人(多分手の甲のシワからして27,8で、すらっとして、肌が透き通るようだった)が居て、
電車に乗ってからもその人は座る僕の前に立っていて、
とにかく綺麗だなぁと、
思って居たのです。

その人が、今日の帰りのホームにも居たんです。
とても、その巡り合わせにドキと、したんです。
今日は座る席も隣で、ただただ、感慨深いものがありました。
そういう綺麗な人には、
下心のようなものは全く感じず、
どちらかといえば芸術美的解釈をしていると自分は信じているのですが、
まあ大事なのはそんなことではなく、
やはり綺麗な面持ちで携帯の画面を見る彼女は、
やはり隅から隅まで綺麗で、澄んでいて、
さてその画面に写っていたのは、
「かっちゃん早く安心して暮らしたいよ(>_<)」
という文字でした。


重い楽器をどっしりと構えて座っていた僕は、とてもいたたまれない気持ちになりました。
かっちゃんだって、そう思ってるよ。
なんて言っても、仕方がないのでした。


時は無常か。
ならば汝は常か?

時に無常と言わせるくらいに、駆け回ってみないか。
待つのはやめにしないか。
彼女も、かっちゃんも、それでも待つと言うならば、
君達の分まで駆け回るのが僕の使命だ。

やんちゃなだけでは、
終わらせないつもりだよ。


スポンサーサイト



  1. 2009/11/14(土) 23:32:24|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<皮膚感覚の欠如 | ホーム | 還る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

宍戸 翼

Author:宍戸 翼
The Cheserasera

宍戸 翼
1989.04.05生まれ
千葉県出身

なんとなくやった中二のアコースティックギター、
それまでで一番満足に出来る物が音楽だったから、
天命を感じるまま、高一でバンド活動を始める。
聴く音楽は、王道を避ける趣向から始まり、
次第に邦楽から洋楽へ。
フォーク、ニューミュージック、
エレクトロニカ、ハードコア、
クラシック、アンビエント、
民俗音楽、ドローンなどを通過し、J-POPへ回帰。
オリジナルバンドは様々なジャンルのバンドを経て、
現在で4つ目となる。

酒と友達と女の人が大好きで、
そのことばかり考えている。

自分だけの歌のはずが、君が泣いてくれて、
それが僕の、生きる価値になった。
母さん僕は社会で生きていけます。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する