FC2ブログ

なんていうか雑記

心境、近況、ライブ情報、歌詞など。雑記です。

午前七時の独り言

CD、気が散りまくりながらも、僕の分がもうすぐやっと焼き終わる。


例えば、僕が身近な誰かのとても大切な人だったとして。
その身近な人が神様かなんかに、僕と誰かを引き合いに出して、
「最も大切な人はどっちだ。選んだほうだけ生かしてやろう。」という
意味もない糞理不尽なことを突きつけられたとして、
僕を選んだんだよ、もう一人は死んだんだよ、って言われたとしても、
僕はその人に死んだやつの価値ほどに尊いことをしてあげることが出来ない。
もちろん誰だってそうなんだけど、そんなん殺したやつがいけないに決まってるんだけど。
例えが悪かったんだけど。
二者択一を迫られたときに、捨てた方の価値は選んだ方には宿らない。
選んだほうには、いつも以上の愛情や熱意を感じるけど、それは実のところ空虚なものだ。
生け贄を使って祈る方法もそうだ。思い込みだ。馬鹿げてる。
大人になっていくにつれて、二者択一のシーンが増えていく。
捨てていく。
減っていく。
大切なものが、減っていっている。
減らすほど、馬鹿な人間は、
自分がより崇高になっていくっていう、糞勘違いを起こしている。
自己陶酔だ。
そんなやつは、二者択一によって、捨てられてしまえばいい。
(もっと言えば、よりにもよってそいつらはいざ捨てられたときに、
俺を捨てやがった、なんて糞野郎だ、なんてわめく。気づけ。)
しかし、全てを捨てずに、全部抱えたまま、
生きていくことなんて出来ないのも事実。
ならば、せめて、捨てたもの(本当は置いてきたものと呼びたい)の重みだけは、
誤らず、忘れずにおきたい。
やむを得ないこともあるだろう、捨てたことを責めたりはしない、
だけど、せめて、(二者択一を成したことについての)誇り高ぶったような顔は、
しないでほしい。しないでいたい。




途中だけど、こんな話は決まって堂々巡りだから、やめる。
なんでやめるかって、たった今CDが焼き終わったからさ。
だから僕は、考えることよりも、次に進むことを択一する。





ってね。

ちゃんと忘れないよ。

おやすみ。
スポンサーサイト



  1. 2010/02/23(火) 07:38:37|
  2. 未分類
  3. | コメント:2
<<みがく | ホーム | seens>>

コメント

あーあーあーあー
  1. 2010/02/23(火) 23:09:14 |
  2. URL |
  3. さあや #-
  4. [ 編集]

ふーふーふーふー

ありがとう。悩めよ少女!
  1. 2010/02/24(水) 04:35:30 |
  2. URL |
  3. 宍戸 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

宍戸 翼

Author:宍戸 翼
The Cheserasera

宍戸 翼
1989.04.05生まれ
千葉県出身

なんとなくやった中二のアコースティックギター、
それまでで一番満足に出来る物が音楽だったから、
天命を感じるまま、高一でバンド活動を始める。
聴く音楽は、王道を避ける趣向から始まり、
次第に邦楽から洋楽へ。
フォーク、ニューミュージック、
エレクトロニカ、ハードコア、
クラシック、アンビエント、
民俗音楽、ドローンなどを通過し、J-POPへ回帰。
オリジナルバンドは様々なジャンルのバンドを経て、
現在で4つ目となる。

酒と友達と女の人が大好きで、
そのことばかり考えている。

自分だけの歌のはずが、君が泣いてくれて、
それが僕の、生きる価値になった。
母さん僕は社会で生きていけます。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する