なんていうか雑記

心境、近況、ライブ情報、歌詞など。雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

140926 金木犀を知ってるかい

僕には、毎年毎年、金木犀の匂いがあまり分からなかった。
すごくいい匂いらしい、その季節になると皆が本当に嬉しそうな顔をするから、とても損をしているような気持ちになった。
どんな花なのかどころか、どこに咲くのかとか背はどの位の高さなのかとか、それ程のレベルで、知らない。

でもさっきやっと、見つけた。


花は、季節の地標だ。
移ろい行く季節の中で、たった4つしかない季節の中で、今どの辺りに立っているのかをより細かく、そしてその香りと共に、去年はどんな気持ちだったのかまで教えてくれてしまう。

ぶっきら棒で風情のかけらもない僕から言わせてもらえば、どうって事のない、小さく甘いだけの香り。
でもきっと多くの人が、綺麗で小さな幸せが伴った時間をこの花と過ごすから、そんな自慢げな口ぶりで彼を僕に紹介するんだなと思うと、僕まで幸せになったような気持ちになった。
僕も誰かにとってそんな存在でありたいと思って、それからまた少し、切なくなった。




ワンマンまで、あと9日。

■10月5日(日) 代官山UNIT
『WHAT A WONDERFUL WORLD TOUR “FINAL” ワンマンライブ』
出演:The Cheserasera
開場:17:30 / 開演 : 18:00
前売:3,000円 当日:¥3,500
P-CODE 238-460 L-CODE 76951
http://www.thecheserasera.com


待っています。
スポンサーサイト
  1. 2014/09/27(土) 01:53:21|
  2. 未分類
  3. | コメント:2
<<140927 そして冬が来る | ホーム | 140925 足りない常々>>

コメント

金木犀の季節ですね。広島でももうどこかでは開いているかな?今年まだ出会ってません。母が好きな花で、今はもうありませんが、かつて家の庭にありました。それだけのことでも、強烈に懐かしく、ノスタルジックな気分にさせるのは、どうってことないあの甘い香りのせいなんですよね。そしてやっぱり過ぎたその時間はしあわせだったんですよね。という、確認作業ができ、またしあわせな朝を迎えることができました。ありがとうございます。今年の2月、はじめてケセラセラに出会ったあの時の冬の空気の匂いを覚えています。並木通りを歩いていた私に、ギターの音をそっと運んでくれた風の冷たさを覚えています。そして、その曲はdrapeでした。今も一番好きな曲です。出会いに感謝です。おはようございます、今日もきっと良い一日。曲作り続いているのでしょうか、どうぞ良い時間をお過ごしください☆
  1. 2014/09/27(土) 03:13:03 |
  2. URL |
  3. クボユミ #-
  4. [ 編集]

秋の匂い。

金木犀の匂い好きです。
実家の門の近くに金木犀の木があって
先週は香って来なかったけど
そろそろかな?
匂いそのものも好きですが
この匂が連れて来る季節が好きです。
半袖の上にパーカーを羽織るような
夕暮れ時
夏の日々を大事に包むような感じ。
そして
ディスクマンで
「フィナーレ」を聴いたりするわけです。
せつない。
いとおしい。
  1. 2014/09/27(土) 21:10:53 |
  2. URL |
  3. はやごん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

宍戸 翼

Author:宍戸 翼
The Cheserasera

宍戸 翼
1989.04.05生まれ
千葉県出身

なんとなくやった中二のアコースティックギター、
それまでで一番満足に出来る物が音楽だったから、
天命を感じるまま、高一でバンド活動を始める。
聴く音楽は、王道を避ける趣向から始まり、
次第に邦楽から洋楽へ。
フォーク、ニューミュージック、
エレクトロニカ、ハードコア、
クラシック、アンビエント、
民俗音楽、ドローンなどを通過し、J-POPへ回帰。
オリジナルバンドは様々なジャンルのバンドを経て、
現在で4つ目となる。

酒と友達と女の人が大好きで、
そのことばかり考えている。

自分だけの歌のはずが、君が泣いてくれて、
それが僕の、生きる価値になった。
母さん僕は社会で生きていけます。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。